事業継続活動
導入実績
耐震をお考えの企業担当者様
代理店を検討中の法人様

スタッフブログ

2013年4月25日 木曜日

地震で起きる被害*工場編*

こんにちは。テラプロテクト増田です。

このところまた震度4以上の地震が頻発しています。
「次は石川」、「富士山が・・・」などうわさが飛び交っていますが、結論としては


「日本にいたらどこでも危険」

です。地球が誕生して46億年。地球にとって、100年、もはや1000年ですら、「誤差」の範囲です。「30年以内に~」というのも、明日地震が起きてもまったくおかしくないということを言っているにすぎません。

さて、今回は、「工場編」です。

工場の場合、家庭やオフィスとは抱えているリスクが異なります。

もちろん、人的被害に関しては言うまでもありませんが、それ以外の部分でもご担当者様は悩まれているわけです。

1・資産(設備)の損傷での被害額がとてつもない。
2・生産ができなくなると流通がストップ、シェアが流出。
3・設備が動いてしまうと損傷以外に再設置の時間とお金がかかる。
4・対策をしていないと顧客からの信用が得られない。
5・敷地が広いので避難場所として利用される可能性が高いが、備蓄しておくべき物品、量がわからない。

etc・・・・

上記以外にもたくさんのリスクがあります。P(PLAN)→D(DO)→C(CHECK)→A(ACTION)サイクルを繰り返すことでまた新たな問題が出てくるわけです。

まずはじめに、ご担当者様は2点でお悩みになります。

「使えるお金がない」ことと「どこから地震対策を始めたらいいのかわからない」

対策する側からみていると、ここで止まってしまった企業様が非常に多いです。

工場の場合、設備も大きく数も多いので、対策にはオフィス以上にお金がかかります。しかし、対策をしていないことでその数100倍の被害額がでてしまうのです。

被災地のお客様に教えていただきました。

弊社の対策に投資した額は約400万円。地震が起きて対策によって被害がなかった設備の金額が約5億円。

0.8%の投資額で装置の被災をまぬかれたのです。

残念ながら対策していなかった設備はかなりのダメージを受けました。しかし、かけるべきところにお金をかけておくことの重要性が御理解いただけたとのこと。

逆に、かなりの対策が必要だったのですが予算の関係で対策できなかったお客様。「増田さんのいう通りやっていればよかった」とおっしゃいました。
弊社の企業努力が足りなかった部分もあります。非常に悔しい思いでした。

地震対策というのは、行うことで利益があがるものではありません。

しかし、莫大なリスクを回避することができます。お金を使わないことが、お金をより多く使う。という結果を生むのです。

いつかやらなければいけないことです。それならば今すぐにでもやったほうが良いに決まっています。

優先順位がわからないのであれば、一緒に優先順位を決めましょう。

お金がないのであれば、ご予算の範囲でできる対策を考えましょう。

弊社はそれができる会社です。

弊社の対策は装置のレベルを崩しません、繰り返し使用できますのでイニシャル以降の投資が抑えられます。地震が起きるたびに昼夜問わず工場にチェックしに行く必要もなくなります。地震後、ラインの再調整の時間、手間、費用が必要なくなります。アンカーボルトやLアングルのようにどこかに穴をあけることもありません。

是非一度、このHPにあります「お客様の声」をご覧になってみてください。工場に関してはあまりこういったところで詳しく書くわけにはまいりません。

お客様が何にお困りで、どこまでの地震対策がしたいのか、お役に立てると思いますので、増田までお電話かメールをください。
もともと日本全国飛び回っております。お気軽にいつでもご相談ください。

投稿者 株式会社テラプロテクト